医院開業戦略のクリニック開業.com

医院開業戦略の
クリニック開業.com
「え!?同じ医院開業がやり方によって
結果がこんなに変わるなんて!」

クリニック開業.com
医院開業戦略のクリニック開業.com ロゴ

詳細はこちら

当社医院開業支援院内ツアー1
医院開業支援先

当社医院開業支援4
院内ツアー詳細はこちら

当社医院開業支援院内ツアー2
医院開業支援先

当社医院開業支援5
院内ツアー詳細はこちら

当社医院開業支援院内ツアー3
医院開業支援先

当社医院開業支援6
院内ツアー詳細はこちら

開業前相談からの、回答

医院開業、クリニック開業、コンサルタント

相談:

開業後の収入アップと、時間の確保を希望されているとのご相談内容


回答:

よくそこそこの収入があればとご相談をうけるケースがよくあります。
ただDrの方の家族の人数や、お子さんの人数、学費などによって必要なお金を大きく 変わります。
税引き後で月おいくらくらいお金が必要とか、数年後子供の学費で月いくら必要とかを 早めに検討していただければと思います。

なぜ、このようなことをいうかと言いますと、クリニックの事業計画をただ作成するので はなく、先生の必要な月のお金から逆算していき事業計画を作成する必要があるから です。
事業計画はどこも同じようなものに思われがちですが、先生方のご家庭やお子さん の人数、学費などにより月必要なお金は各家庭さまざまだと思います。

開業後に「こんなはずではなかった」など言うことの無いようきちんと必要な生活費を 算出し、その生活費から逆算しクリニックの計画を練っていく必要があります。
大切なことなのでお考えください。

私自身ファイナンシャルプランナーなので、ライフプランの作成のお手伝いなどはしています。
しかしプライベートのことなので、まずは先生ご自身で考えてみてください。
ライフプラン作成シートなどツールはありますので、必要であればいってください。
無料でご提供いたします。

時間の確保については、こう考えてからご自身の時間の確保を考えてみていただけたらと思います。
外来一日40人で一人患者当たりの単価が5000円だったら、人件費と家賃、リース料他毎月の経費などが第3週の何曜日までかかる。
外来一日60人で一人患者当たりの単価が5000円だったら、人件費と家賃、リース料他毎月の経費などが第2週の何曜日で終わる。
つまり残りが先生の給与ということが、一番のベースにあります。
休みが欲しいという先生は、自ら売上をあげ、アルバイトのDrを確保され、自由な時間を確保されている先生もいらっしゃいます。
売上が上がれば、先生の選択肢は増えます。
逆に患者数が少なければ、ご自身の給与が経費を払った残り少なくなります。
選択肢を増やすために頑張られるのか、それとも選択肢は少ないこじんまりやるのかにもよりますが、その意思だけでも診療圏の拡がり から変わってきます。

時代が変わり、診療圏調査の数字どおりに患者さんがくる時代から変化してきている感じをうけます。
私自身個人情報保護法が無い時代、カルテを分析してマーケティングを分析していた人間なので、クリニックによって診療圏が大きく違う こと、その理由などを分析してきています。
やり口はまだいろいろあるのですが・・・・

開業医は自由ですが、経営においては自立することが大切と言われています。
お願いします。





※詳しい内容については、会員登録のコメント欄に医院開業無料レポート希望と入れて送ってください。



まずはクリニック開業.comに
無料会員登録してみませんか?

「登録される方は、下のマークをクリックしてください!」

医院開業、クリニック開業、コンサルタント